2児のパパスイマーの“継続は力なり”!

マスターズ水泳歴7年。短時間で効率良い練習を日々研究。-理学療法士からの視点を踏まえて-

萩野公介選手のカムバック

どうもパパかっぱです。

 

今日はオフなので雑談を。

 

萩野公介選手が約3カ月の休養を経て、再始動するというニュースを見ました。いち水泳ファンとしてはうれしい限りです。

「理想と現実の結果の差が少しずつ自分の中で開いていき、モチベーションを保つことがきつくなってきました」

と休養前のコメントを残していました。

 

世界のトップの選手ですから、我々凡人には想像もつかないくらいプレッシャーがあるんでしょうね。

水泳っていかに精神面が影響するかが分かりますね。

 

私は物心つく前の3歳から水泳を習っていて、小学校2年生から選手コースに入り、中学生や高校生に混ざって練習してました。その後、選手コースを一旦止め、5年生から再び選手コースに入り、週6~7回ほど練習していました。

その時は嫌で嫌でたまりませんでしたねー。“コーチに殴られたくないから泳ぐ”みたいな感じでしたからね。苦痛でしかなかったです。

そのおかげ(?)でそこそこ速くはなったのですが・・・結局中学生にあがるときに辞めてしまいました。

 

時は経て、社会人になってからダイエット目的ではじめた水泳を、32歳になった今なおやってるとは夢にも思いませんでした(^◇^)

今は水泳大好きですよ。好きじゃないと続かないってのは身に染みて分かっているので、今はマイペースに頑張りすぎない水泳を続けています。

 

自分の子供をプールに連れていくことはあるのですが、楽しんで好きになってくれたらいい。それだけです。

ちなみに、上の子は8カ月、下の子は6カ月にプールデビューしています。そのおかげで水を全然こわがらないので、お風呂は楽ちんです。

 

水泳好きな人とつながれたらいいな、と思う今日この頃でした。

 

では。