2児のパパスイマーの“継続は力なり”!

マスターズ水泳歴7年。短時間で効率良い練習を日々研究。-理学療法士からの視点を踏まえて-

HIITトレーニングを水泳に応用して脂肪燃焼しよう

どうもパパかっぱです。

 

 

私が楽しみにしていたgo to eatのポイント付与が終わってしまいましたね・・・。

 

ショックです・・・。

 

うちは共働きなので、夕飯が外食で済むというのは非常に精神的に助かっていました。

 

週3くらい利用してましたからね。

 

残り予約とポイントでギリギリまで粘ろうと思います。

 

 

さて、前回タバタトレーニングについて調べました↓↓

www.papakappa-swim.com

 

 

『25mダッシュを8本、ついてから10秒休憩』

 

 を取り入れてますよ。

 

4分間で終わって、無酸素と有酸素を効率的に鍛えられるため気に入ってます。

 

めちゃくちゃきついですけどね・・・。

 

けど、終わった後不思議と達成感みたいなものがありますよ。

 

私の練習の考えの根本的なこというと、達成感とかはホントはいらないんですけどね。

 

淡々とこなすだけですから。

 

まぁ、たまにはいいスパイスになってます。

 

 

 

さて、タバタから発展した?のかHIITトレーニングについて調べてみましょう。

 

 

 

 

 

HIITトレーニングで脂肪燃焼

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

●タバタプロトコル:オリンピック選手の心肺機能を高めるために考え出されたトレーニング

 

●『20秒全力で運動、10秒軽い運動』を6~10セット

 →非常にきつい(元々オリンピック選手用)ので、20秒全力・20秒軽くでも良い

 

●脂肪燃焼にも効果的

 

●脂肪燃焼する上で、低強度・長時間の有酸素運動より、HIITをやるメリット

 →速筋線維が増やせる

 →短時間で終わる

 ⇒効果としては非常に高いものがある

 

 

 

 

 

私なりのまとめとしては、

 

●『20秒全力で運動、10秒軽い運動』を6~10セット 
 ※20秒軽い運動でも良い

 

●脂肪燃焼に効果的

 →さらに、速筋線維も鍛えられる

 →短時間

 

 

 

ですかね。

 

最近よくヒートという言葉をトレーニングで聞くなぁと思ってましたけど、こういうことだったんですね。

 

勉強になりました。

 

 

 

HIITを水泳に応用

 

 

HIITトレーニングを水泳に応用すると、

 

●『25m全力ダッシュ → EASYにて25m →すぐに出発』 を6~10セット

 

とでもなるでしょうか。

 

私の場合だと、14秒 → 20秒 くらいな感じになってちょうどよくなると思います。

 

いや、これはめちゃくちゃきついですよ。

 

 

多分前回提唱した

 

『25mダッシュを8本、ついてから10秒休憩』

 

のほうがまだマシかもしれません。

 

EASY25m泳いで、すぐ出ますからね。

 

休憩なしです。

 

 

これは・・・果たしてやれるかな??(笑)

 

気が向いたらチャレンジしてみます。

 

みなさまもぜひお試しください。

 

短時間で得られるメリットは大きそうですよ。

 

あと精神力のトレーニングにもなります・・・間違いなく。

 

 

 

まとめ

 

 

HIITを水泳のトレーニングに応用して、脂肪燃焼も求めよう

 

 

では。