2児のパパスイマーの“継続は力なり”!

マスターズ水泳歴7年。短時間で効率良い練習を日々研究。-理学療法士からの視点を踏まえて-

肩甲挙筋の触診勉強会 ~触診のポイント、臨床的視点~

どうもパパかっぱです。

 

先日、月一回開催の触診勉強会でした。

 

今回は『肩甲挙筋』です。

 

一般的には、聞き慣れない・なじみのない筋肉かもしれません。

 

備忘録を兼ねて、肩甲挙筋のお勉強です。

 

 過去の触診はこちら↓↓

 

長趾屈筋、後脛骨筋、長母趾屈筋 ~触診奥深し!!~ - 2児のパパスイマーの“継続は力なり”!

 

解剖学:触診 ~前脛骨筋、長母趾屈筋、長趾伸筋~ - 2児のパパスイマーの“継続は力なり”!

 

三角筋の触診勉強会 ~触診のポイントと臨床応用~ - 2児のパパスイマーの“継続は力なり”!

 

僧帽筋の触診勉強会 ~臨床的な視点、トレーニングも踏まえて~ - 2児のパパスイマーの“継続は力なり”!

 

 

 

 

肩甲挙筋の解剖

 

 

 

 

肩甲挙筋(けんこうきょきん)-筋肉.guide

 

【肩甲挙筋の起始・停止】

(起始)C1~C4の椎体の横突起に付着。

 

(停止)肩甲骨の上角、内側縁の上部1/3に付着。

 

【肩甲挙筋の主な働き】

肩甲骨を引き上げる。

 

【肩甲挙筋の神経支配】

肩甲背神経

 

【肩甲挙筋に関する一口メモ】

肩甲挙筋は、文字通りで、肩甲骨を上方に引く働きをします。また、上位の頚椎の横突起に付着している為、筋肉の走行は斜め内方です。したがってm、この筋肉は、肩甲骨を上方に引くことと同時に、内方へ引きます。この動きは、小菱形筋と共に、肩をすくめる動作をした時に緊張します。

 

f:id:papakappa:20191226214111p:plain

 

 

 

触診のポイント

 

●後方から見ると僧帽筋と同じような走行方向(ハの字)に思いがちだが、横から見ると僧帽筋とクロスするので注意。僧帽筋の下を肩甲挙筋が通り、僧帽筋に押される。

 

●肩関節を自動伸展(肩甲骨を前傾)させながら触察する

 

1、肩甲挙筋の起始付近の筋腹

 外側から観察し、頸部の長軸長の中央部で、頸部の前後長の中央部を想定

 →圧迫しながら指を前後方向に移動しながら触診する

 ※浅い部位なので、軽く触察する

 ※思っているより前方に位置する

 ※上部にいくほど細くなっていく

 

 

2、肩甲挙筋の停止部付近の筋腹

 肩甲骨の上角と肩甲骨内側端(肩甲棘内側端を指標)を目安にして停止部を触診していく

 →肩甲骨上角の1横指内側方に指を置き、前尾方へ圧迫しながら指を内外側方向に移動し、尾方にたどっていく

 

 

 

臨床的視点

 

一般的には肩をすくめるイメージがありますが、実際の筋の作用としては、

 

●肩甲骨拳上

 

●肩甲骨下方回旋(菱形筋、小胸筋と協同)

 

●頸部の伸展(肩甲骨が固定された状態で、両側が作用した場合)

 

●頸部の側屈と同側への回旋(肩甲骨が固定された状態で、両側が作用した場合)

 

があります。

 

 

俗に言う“肩こり”として、筋硬結が起こりやすい筋肉として挙げられます。

同時に僧帽筋も挙げられますね。

 

臨床的なポイントとして、『肩甲背神経の絞扼』は忘れてはいけない視点です。

 

 

●肩甲背神経はC5神経根より分岐後、肩甲挙筋・小菱形筋・大菱形筋の深部を通過する

 →著明な筋攣縮は、肩甲背神経を絞扼し、肩甲骨内側の鈍痛を誘発する

 

ということですね。

 

つまり、肩甲骨の内側に痛みがある人は、筋のアライメント不良により、肩甲背神経を圧迫している可能性があるということです。

 

なので、肩甲挙筋もしくは大小菱形筋の緊張を緩めてみて、変化があるかどうかを見る必要があるかもしれません。

 

 

肩甲挙筋の働き・動きについて分かりやすく書いてあるサイトがありましたので、理学療法士の人は目を通しておくとタメになると思います。↓↓

anatomy-yoga.com

 

 

まとめ

 

肩甲骨をしっかりとイメージできるようになりましょう。

筋を触る前に、骨をしっかりとイメージできないと触診はできまへん!

 

 

では。